ponelog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またマスコミ批判?日本はメダルが少なくなって当然か?

 この国には誰か,おかしい事はおかしいのだとちゃんと教えてあげられる大人はいないのだろうか。

 スノーボードの国母選手について,どうやらスノーボード業界を盛り上げてくれた事もあって,擁護する意見が高まっているようだ。それどころか日本の代表たる政治家も,次々と擁護の姿勢を見せる始末。
 いやいやおかしいだろ。別に五輪の日本代表選手だからとかそういう事ではなくて,注目される場に出る際の常識の問題。
 だいたい日本の代表として出たくないんなら,辞退して今まで通りプロとしてやっていればいいだけの話だ。

 多分国母選手にとってはこの五輪を,それこそスノボの PR くらいにしか思ってないのかもしれないが,それでも日本の代表として出る事には変わりは無い。
 スノボ界の人々はどう考えているのかわからないが,昔のロックミュージック同様,不良のやるスポーツなんていう印象がついても仕方ないだろう。こればかりは誰が責めているかではなく,責められる側の問題だ。

 そもそも,最近の選手には「国の代表として出る」という意識が昔ほど無いし,見る側もあまりそのような意識で見なくなっている感じがする。
 結果についてのコメントなども,昔は「国民の皆さんの支えがあってここまで来れました」とか,「国民の皆さんの期待に応えられず申し訳ありません」など国を意識するコメントが多かったのに対し,最近は「自分らしい戦い方ができました」とか,「自分本来の力が出せず悔しいです」といった,常に第一人称のものが多く聞かれるようになった。
 一番,国を意識していたと思ったコメントを残したのは,今年で引退を表明したスケルトンの越選手くらいだった。

 べつにどちらが良い悪いというのではなくて,これは時代の流れなのだろう。
 そもそも,日本ではどれだけ頑張って成績を残したとしても,それほどのインセンティブがあるわけではない。国としては,オリンピック出場のための旅費等と,入賞した場合の一時的な褒賞金が税金から支払われる位だ。あとは,スポンサーがついたりテレビなどの出演依頼が増えたりなど,仕事をしていく上で有利になるくらいのメリットだ。
 対して北朝鮮などで金メダルを取れば,それはもう家族や親戚まで一生の生活が保障されるほどの金が国から出ると聞くし,韓国でも徴兵が免除になったり年金がメダルに応じて支給されたりするそうだ。他の先進国もどうなのかは知らないが,日本ほどお粗末ではないだろうし,例えばアメリカなどでメダリストとして有名になった場合,スターとしての扱いが全然違うだろうことは容易に想像できる。

 まあ,多分お金だけの問題ではないと思うし,お金より重要なのはナショナリズムの違いだろう。
 他のアジアの国では,国どころか民族の代表として出るという意識が非常に強い。また,アメリカ等の人種の坩堝的な国では,一つにまとまる格好の機会となる。
 日本も一応単一民族だが,島国で単一民族である事が当たり前の環境だったからか,もともとのナショナリズムがそれほど強くない。つまり,背負っているものの大きさや意識が違いすぎる。



 そんな中で,発展途上と言われた国々も豊かになってきて,また技術的な面も進歩して来れば,いくら日本も同様に進歩したところで,また個人の力でいくら努力したところで,勝てる見込みは小さくて当然とも言えると思う。
 とにかく,代表となった選手には期待したい。逆に過剰くらいの期待をしなければ,人一倍頑張ってきたはずの彼らに失礼だ。また,国母選手は論外だが,もっと小さなことでも重箱の隅をつつくような批判もあるかもしれないが,それは注目されている事の証でもあるのだから,それだけ自分はスターなのだなと思って,甘んじて受け止めるくらいの余裕を持って欲しい。風評に流されず,ちゃんと本質を見ている人というのも案外多いものだし,相応に評価してくれているものなのだ。



--- 参考記事 ---
ダイヤモンド・オンライン

国母騒動で気になったプロ選手にとっての五輪の価値

メダル数大幅減でも失望感は少なめ?「成熟期」に入った日本スポーツ界

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。