ponelog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピンチヒッターのように

 本日,巨人対広島の試合が行われた。つい先日亡くなった,故木村拓也選手は両チームに在籍していた事もあり,今回は追悼試合となった。
 「スーパーサブ」と言われた木村拓也選手。奇しくもベンチの控え選手が活躍し,代打の谷選手が逆転満塁ホームランという見ごたえのある展開となった。

 控え選手というと,出番が少ない補欠の選手というイメージがある。しかし,代打・代走として出るときは,体が十分あったまっていない状態でいきなり本番に出なければならない。また,「ピンチヒッター」という言葉でもわかるように,起用されるときは人一倍の活躍が期待される場面となる事も多い。
 つまり,スーパーサブと呼ばれるだけの活躍をするには,相当な努力と質の高いトレーニングが必要だったはずだと思う。出番のない,待ちの時間をどう過ごしていたかがモノを言う。

 時間に余裕があるときこそ,時間を惜しみ,できる限りの努力をする。時間が限られているときこそ,落ち着き,冷静な判断でミス無く,確実に結果を残す。
 私も仕事をする身として,そのような人を目指していきたいと思います。故木村拓也選手のご冥福をお祈りいたします。

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。