ponelog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

か~みひこ~き~と~ん~だ

standard

ホテルで暇なときに,こんなものを作って遊んだりしてます。(子供か?)初めはなんとなくの手遊びのつもりだったのですが,やってるうちにだんだん工夫したり調整したりして,6機にもなってしまいました。


 一番上の写真は,基本の形とも言えるstandard型。工夫としては,主翼後縁の折り上げです。aileronではないですが,翼の後方で風を受ける事で機体の前方を持ち上げ,飛ばし方によってすぐにdiveしてしまうのを防ぎます。
 これをつけないと,speedのある出だしですーっと落ちていく感じになりますが,これがあることでゆっくり長く飛ぶ感じになります。

navel

これもわりとorthodoxですが,安定した飛行をします。工夫としては,垂直尾翼をつけたことでさらにyawingも安定した飛行になっています。

rotary

 これは,戦闘機みたいな曲芸飛行をします。左右のちょっとしたunbalanceに敏感に反応し,rolling飛行します。これにもaileronをつけたのは,やはり飛ばし方によってdiveというか,acrobat飛行のようになってしまうのを防ぐためです。これの調整は微妙でした。
 逆に左右上下にaileronをつけると,それこそくるくる回りながら急降下します。それはそれで面白い。

wide

 こんな形で飛ぶのかという感じですが,なかなか鋭い飛行を見せてくれます。これもaileronがポイント。これは苦労しました。
 このaileronは,逆に下げています。つまり,翼が前側から広く作ってあるので,普通に飛ばすと急上昇してすぐ失速してしまいます。それで,翼の後方に風を受けてお尻を持ち上げて,前方が上がり過ぎないようにします。折り下げる部分を多くしてしまうと,逆にdiveしてしまいます。

jet

 jet型です。胴体を重くしてあるので,speedのある鋭い,安定した飛行になります。

squid

 最後に,イカ型です。凧ではなく。。。
 カッコ良く言えばcanard型,前尾翼ってやつです。それこそ本当に飛ぶのかって言う感じですが,後方の主翼と前尾翼の揚力がうまくbalanceして,とてもゆったりと,そして左右に広く開いた翼が,rolling方向にもうまくbalanceしながら飛んでいきます。

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。