ponelog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事を精一杯やるということ

バイタリティのある人はやっぱり素敵だと思う。今まで勤めた会社でも、この人にならついて行きたいと思える人には、まずバイタリティが感じられた。

自分もそんな人になりたいと思う。そして、自分のバイタリティを発揮し、育て、それを表現するのは仕事の場が一番というか、そこでしかありえないのではないでしょうか。

また、仕事というのは、20代から普通に会社勤めしていれば、単純に時間にして約1/4以上を占めることになる。仕事をダラダラとやるということは、実に人生の1/4をダラダラ過ごすことになり、余りに勿体ない。

なので、私は仕事にいつも一生懸命取り組む事にしている。
別にこれは、今の仕事や会社が好きかどうかは関係がない。

もうひとつ私の目標として、どんな状況でも動ける人でありたいと思っている。そして本当に行動力のある人は、例え自分にとって好ましくない状況でも、むしろそういったときにこそ発揮出来るものだ。最終的行動力と言えるかも知れない。

その最終的行動力を発揮すべき場面は、人生の中で案外多いものだ。今まで生きてきた中で、自分の望まない状況でどれ程の行動が出来たかどうかで、自分の理想とする人に近付けるかどうかが決まると言ってもいいかもしれない。

だから、自分の嫌だと思っている仕事程やり甲斐があるといえる。

どんなつまらないと思える仕事でも、細かに見ていけばノウハウはあるものだ。せっかく取り組む仕事なのだから、ましてやあまり好きでないのなら尚更、経験の中から少しでも多くを得られなければつまらない。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。